トップページ


大山冬期山行報告書 2002年3月9日-10日

メンバー  CL大西(3)  SL藤原(3)  藤本(2・装備)  田中(1・食料)  矢崎(OB)  大瀧(OB)


3/9

大山寺(8:30)〜元谷(9:10)〜六合目(10:25-40)〜弥山(11:40)    

 早朝の4時,大瀧さんのX-TRAILで神戸発。闇の中国道・米子道を快調に飛ばし,大山寺着は7時過ぎ。大山寺直前の雪道をノーマルタイヤ&チェーン無しで行ったのはチョット怖かったけど…。ここからは日本海がクッキリ見える。大瀧さんは帰ったらイカソーメンが食べたいなぁ,とおっしゃる。僕も全く同感。
 大山寺では夜行で来た藤本さん,矢崎さんと合流し出発。去年はラッセルで苦労したところだが,今年は雪も少なく,トレースもあって快調に進んでいく。元谷付近から視界が広ってくる。青空に雪を戴いた大山が映える。
 元谷から六合目までは,わざとトレースを外すが,藤原&大瀧さんの2 topは強力で,ペースはほとんど落ちない。田中さんには疲れが見え始めたものの,出発から2時間ほどで早々と六合目着。あまりの吹雪に元谷で停滞を余儀なくされ,ここまで計7時間以上もかかった去年とは全く違う。改めて雪の凄さ,重さを感じる。
 六合目からは改めてトレースの上を行く。普通の登山者に混じり,スキーやスノボーを担いだ人が多く,にぎやかだ。風が強いが,景色は素晴らしい。元谷や北壁を眺めながら登っていく。田中さんは冬山2回目。少し辛そうだ。大きな山の経験は少なく,装備の面でのさらなる軽量化など,工夫が必要だったと思う。
八合目で一息入れて快晴の空の下,頂上へ。北に日本海が,南に中国山地の山々が見える。まだ昼頃だ。頂上のすぐ脇,小屋の東側の雪原にテントを設営し,寝不足気味の大西と田中さんは昼寝をきめこむ。他のみんなは雪洞作り。約1時間半で6人がノンビリできるほどの空間が生まれる。
夕食は乾燥系の野菜を駆使した,かす汁。塩ジャケがあったらなぁと言いつつも,これで十分おいしい。外は風が強いが,暴風壁を作った雪洞は快適快適。

空にはお約束通り,実に多くの星が輝いている。町の灯もきれいだ。

3/10 曇ときどき晴 のち雨

弥山(6:25)〜剣ガ峰(7:30)〜天狗ガ峰(7:40-50)〜剣ガ峰(8:00)〜弥山(9:40-10:00)〜大山寺(11:40)

朝,起きてみると周りはガスに覆われていて,視界は全くきかない。イカ吊り船の漁り火を期待していたのだが,無理っぽい感じだ。出発を少し見合わせるが,ガスが晴れる様子はない。経験豊富な大瀧さんがおられること,積雪量が少なく雪庇もそれほど大きくないことを考え,予定通り剣ガ峰へピストンすることとする。雪が少ないので,ザイルは1本のみとする。
雪庇を考え,稜線の北側,元谷側を進んでいく。視界がきかないぶん,足下が見えないので高度感は無い。中間部で稜線が細くなり,小さなピークを二つ越える。岩が出ているところもある。少し広くなった尾根を登り,剣ガ峰に着く。しかし標柱などは見えない。そのまま素通りし,結局,天狗ガ峰まで行ってしまう。途中で一瞬,ガスが切れる。峻険な雪稜が現われる。稜線をかすめて,雲が流れていく。トップを行く大瀧さんと藤原が,シルエットになって浮かび上がる。
天狗ガ峰からは来た道を引き返す。周りは再び,ガスに覆われている。ザイルは往路1ピッチ,復路2ピッチ用いた。
弥山でテントを撤収し,下山する。八合目辺りでガスを抜け,視界が広がる。日本海に穏やかな陽が差しこんでいる。六合目からは夏道経由で大山寺へ。暖かい光に包まれた樹林帯が印象的だった。

今回の山行では比較的天候に恵まれ,予定通りに計画をこなすことができました。個人的には二日目,やせ尾根から見た景色は大変すばらしく,忘れることができません。

また,今回は大瀧OBに本当にお世話になりました。特に剣ガ峰へのやせ尾根では様々な指示を僕の代わりにしていただき,助かりました。それと同時に,僕の経験不足を改めて実感しました。他にも出発の準備時間の問題や,やせ尾根はザイル2本のほうがよかったのでは,といった反省点もあります。入山前の段階でも僕の手違いがあり,乙藤・北口両先生への計画の連絡が遅れてしまいました。大変申し訳ございませんでした。

最後になりましたが,お忙しい中,山行に参加していただいた大瀧OB,本当にありがとうございました。また山でご一緒できればと思っております。 (記 : CL 大西)


 トップページ