神戸大学山岳部 槍ケ岳東鎌尾根報告書

【メンバー】
 CL・装備 橋本 拓  SL・食料 大西 良一

【日程】
 2001.4.30~5.2

【主な行程】
 中房温泉~合戦尾根~燕岳~大天井岳~西岳~東鎌尾根~槍ケ岳~槍沢~上高地

4/30 雨のち曇
中房温泉(6:15)~第2ベンチ(7:15-25)~合戦小屋(9:10-30)~燕山荘(10:40-11:20)~P2678(12:30-45)~P2699(13:55-14:10)~大天井岳(15:40)~大天荘(15:50)

 前夜,大阪発の夜行「ちくま」で出発。車内はすいている。大西と無事に帰って来れるようにとビールで乾杯する。京都を過ぎて間もなく大西は寝に入る。そろそろ寝ようかと思うがなかなか寝られず,これから先の不安と早く寝なくてはという焦りから煙草の本数だが増える。すやすや寝ている大西を見て羨ましく思っていると,名古屋を過ぎ,中津川を過ぎた。半分あきらめの気持ちが入ってきてから先は記憶がない。
 塩尻で大西に起こされる。余分な物を松本のコインロッカーにしまい,「アルプス」に乗り換えて穂高へ。昨年の秋のことが思い出されてくる。バスに乗り,中房温泉へ。小雨が降っている。大西もあんまりよく眠れなかったらしく,ゆっくり行こうという。天気も悪いし,今日は大天井岳までなので,先を急ぐ必要はない。
 中房温泉からほんの少しで雪の登山道となる。第2ベンチで休み,合戦小屋へ。登山道にはトレースがついており,全く問題なし。燕山荘では大西が冬期小屋が開ているのを見つけ,そこで雨宿りしながら休む。
 燕山荘からの稜線上は雪がほとんどなく,夏道が出ているところもある。大西と「東鎌もこんな状態で,せっかく持ってきたザイルやスノーバーが役立たずやったらどうするや」等と話しながら行くが,実際のところ翌日はそんな心配は全然要らなかった。蛙岩は冬期ルートのチョックストーンの下をくぐるルートで通過。大下りから左右衛門吊岩を越え切通岩へ向かうが,悪天候のため視界も効かず,延々とアップダウンを繰り返し,気の遠くなるような長さに感じる。切通岩ははしごも出ており,問題はない。大天井は北東の稜線通しに登る。頂上付近で一気にガスが切れ出した。大天井の冬期小屋が開いているのを大西が知っており,テントではなくそこで泊まる。これから行く東鎌尾根や槍ヶ岳,それに穂高,三俣蓮華のほうまで見える。素晴らしい眺めだ。

5/1 晴
大天荘(5:15)~P2766(6:15-25)~赤岩岳手前(7:50-8:00)~西岳(9:15-45)~西岳直下のコル(11:30-45)~P2535(14:20-45)~ヒュッテ大槍(18:20)

 昨夜もなかなか寝つけず,月明かりと槍・穂高の眺めの中で煙草を吹かしに行ったり。先の行程を考えると早く寝なくては、という脅迫の中でまんじりと夜を明かす。天気が持つのは今日1日だけなので先を急ぎたい。まずまず寝れたという大西とテキパキ出発の準備を整える。
 天気は快晴。朝は雪がクラストしており歩きやすい。大天井の下りも難なく終わり,いくつかのピークを登り下りするが,割と早く赤岩岳に着く。赤岩岳の最後のピークと西岳との間の下りに岩場がからむところがあったが,ザイルを出す必要もなく通過。そろそろ雪が腐ってきて時々深く埋まる。西岳の登りで大天井に向かう同年齢位のパーティーに会うが,核心部を前に引き返すとのこと。これだけの快晴で引き返すのはもったいない,と思いながら西岳の下りにかかる。タイムリミットまで1時間半あることと明日は天気が崩れることから今日中に槍を目指す。
 以降,トレースは消えている。西岳の下りではどうしても急な雪渓を下らなければならず,3ピッチ,ザイルを出す。水俣乗越手前のピークを越える際には細いナイフエッジで連続8ピッチ張る。水俣乗越からの槍沢に至るルートは雪崩の跡がすごい。水俣乗越からいよいよ東鎌に入る。過去の記録では連続6ピッチ張ったというのもあったが,今までの所ほどの緊張感はない。しかし念のためにザイルを張る。ザイルの要らない所ではコンティニュアスのようにザイルをたるませながら進む。途中数カ所,はしご場があったが,はしごは出ていた。予定通り,少しでも危険なところはザイルを出し,合計で17ピッチ張る。大西はアイゼンワークもザイルさばきも安定・確実で不安感は全くなくなっていることに安心するが,今度は自分のほうに疲れが出てきた。時間が大分経ってトップを行く大西は先を急ぐようになり,「そろそろ休もうか」と提案してみても「もう少し先まで」と言う。大西にもう少し先まで行こうと言われたのは初体験であり,体力がついたなあ,と思いながらもだらだらと歩けるようなところではないので無理を言って休む。(以上記:橋本, 以下記:大西)
 2884のピークを越える。雪に覆われ,屋根だけが頭を出しているヒュッテ大槍が見える。長かった1日がやっと終わる。感無量だ。今まででこれほどの充実感を味わった山行がどれほどあっただろうか。思わず握手をする。
 日が沈む。青く浮かび上がった槍が闇に溶け込んでいく。

5/2 曇のち雨
ヒュッテ大槍(9:40)~槍ヶ岳山荘(10:40-11:10)~槍ヶ岳(11:30-50)~槍ヶ岳山荘(12:05-20)~岩小屋(13:15)~横尾(15:05-15)~徳沢(16:00)~上高地

今日は行程上に特に問題となる個所はない。昨日の疲れをとるため朝寝坊をきめこむ。食料の食いつぶしでちょっと豪華な朝食を取り,出発。槍の小屋で荷物をデポし,頂上へピストン。360度のすばらしい景色の中,しばらくボーっとする。
槍沢を下る。かなりの速さで高度を下げていく。途中で雨が降ってきた。昨日行っててよかったな,と思う。横尾のあたりまで,登山道はほとんど雪に覆われている。横尾の小屋で上高地の最終バスの時間をチェックし,雨の右岸の林道を急ぐ。コースタイムを大幅に上回るペースで徳沢に到着。終バスへも余裕かな,と思っていると通りかかった車に声をかけられる。徳沢に荷物を届けた帰りで,上高地まで乗せていただけるとか。おかげで上高地へは30分ほどで着いた。人のよさそうな感じの運転手さんでした。ありがとうございました。


 最高の山行でした。天気に恵まれたのは2日目だけですが,その間に大天井から槍に抜けることができ,また,景色もすばらしく,大変満足しています。時間はかかりましたが,確実なザイル,アイゼンワークで東鎌も問題なく越えることができました。今まで,先輩やOBの皆様に教えていただいたことが活かせたことによる結果だと思います。本当にありがたく思っています。
 そして,一緒に入山した橋本さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。とても良い思い出になりました。ありがとうございました。
 この山行で僕が得ることができたものは少なくありません。今後ともこの経験を生かし,頑張っていきたいと思います。(大西)