トップページ


八ヶ岳

2001年12月27日-29日

メンバー CL:大西(3)、装備:藤本(2)、食料:田中(1)


12/27(木) 曇

美濃戸口(7:20)−赤岳鉱泉BC(10:10)

雪練(11:30〜15:00)

前夜、茅野駅でステビバし、始発のバスで美濃戸口へ。今年は雪が多く、バス停からの林道も真っ白だ。合宿初参加の田中さんも特に問題はなく、赤岳鉱泉には10時過ぎにつく。
 新しいV4テントをたて、昼前から雪練。地蔵小屋へ行く途中の坂で緊急停止、滑落停止、スタカット、ビーコン探しを行う。やはり雪がふかふかで、滑落停止をすると地面が出てくるような状況だったが、何とか一通りの練習をこなし、15時ごろ、練習を終了。
 夕食は、合宿の定番となりつつある中華丼。やっぱりおいしい。ぺミカンにするときに焦がしてしまった中華野菜も、そう違和感はない。山だからかなぁ。

28(金) 曇ときどき雪  

BC(6:40)−行者小屋(7:15)−地蔵の頭(9:00)−赤岳(10:00)−行者小屋(11:20〜12:00)−BC(12:30)

 今朝は4時半起床。暖かい夜だった。空は曇っているようで、星は見えない。昨日、石尊稜に行ってきた藤原たちは、今日、下山。2日で登る予定だった阿弥陀南稜は、1日で越えたそうだ。僕たちは、準備はテキパキとできたものの、田中さんのアイゼンの調子が悪く(靴が縮んだ?)、出発が遅れる。
 行者小屋から地蔵尾根に取り付く。森林限界を抜けるとガスに覆われるが、時折、切れ間から阿弥陀岳が見える。朝の光を浴びたその姿は神々しいが、見えるのは一瞬。すぐに真っ白な世界に戻る。田中さんは、鉄階段が怖そうだ。慎重に登っていく。
 稜線に出ると、さすがに風が強く、雪も多いので少し歩きにくい。尾根の登りで消耗したのか、田中さんは少し辛そうだ。赤岳につくと、頂上小屋の風の当たりにくいところで、しばし休憩する。
 赤岳の下り、一つ目の分岐を誤り、キレットへの尾根へ入ってしまう。少しして、進路が南を向いているのに気づき、分岐まで戻って真西へ下る。しかし、トップの藤本さんは、なるい尾根をやや南寄りに進路を取ってしまったので、北西側に下るように補正する。すぐに文三郎道への分岐につく。
 まったく視界がきかないこと、田中さんが少し疲れていることを考え、そのまま文三郎道を下ることにする。鉄階段が少しいやらしい以外は、特に問題はない。眼下に見える行者小屋へと一直線に下っていく。樹林帯に入ると風も消え、ホッとする。
 夜は田中さんに持ってきていただいたお酒で、ちょっとした宴会。いろいろ話して、寝る。晴れてきたせいか、かなり寒い夜でした。

29(土) 晴れ

BC(7:05)−美濃戸口(9:05)

 去年に続き、今年も下山日は快晴だ。何でだろ、と思いながらテントを片付ける。
 それにしても、藤本さんは下りが速い。僕と田中さんは必死でついていく。林道では道が凍っていて、案の定、何回かころんだ。 

今回の合宿では、去年に続き、阿弥陀に行けなかったのが心残りですが、初めての田中さんにはいい経験になったのでは、と思います。藤本さんは読図に不安がある以外は、体力、アイゼン歩行とも素晴らしく、頼もしく感じました。僕も久々の雪山、楽しかったです。

 最後になりましたが、登山本部の橋本さん、差し入れをいろいろいただいた西谷さん、松本さん、ありがとうございました。

(記:CL大西)


 トップページ