トップページ

氷ノ山・八木川源流左俣  2000.9/29 記:小宮


CL小宮勇介(OB) 藤原功充(2) 斎藤良(1) 藤本亜希(1) 矢崎雅則(OB)


9/29(金)
鉢伏口8:50-9:25左俣出合-11:15不動滝-16:35登山道-16:45頂上-17:15ヒュッテ

 前日の終電で八鹿にきてステビバ。待合室が使える。バスで鉢伏口に行くと小宮が後から自転車できた。トイレまではアスファルトでトイレから藤原トップで川原を少し行くと、20mの斜瀑は通り過ぎかけたがコースタイムから見てもここでおかしくないので上っていくことにした。45mの滝は資料の通り戻ってから右岸を高巻いた。
 3段30mを難なくこえ、不動滝はさっさと巻いてしまった。
 10mの流木がある滝はザイルを張った。小宮トップ。次の2段40mの滝の手前で藤原がしりもちをつき突き指した。少し休めば何とかなるということなので小宮トップで先に滝を登ることにして、その間に休んでもらった。下部はシャワークライミングとなり全身ずぶぬれ、上部は少し右に巻いて木をつかみながら左に戻った。藤原は指にテーピングをぐるぐる巻いている。
 水量が減ってからは藤原、斎藤が少しばて気味だった。沢伝いに行くと藪漕ぎは5分もなく登山道に出た。頂上で靴を履き替え、ヒュッテの囲炉裏に火をつけスパゲッティーを食って寝ているとごそごそと誰かが入ってきたがどうやら緒方さんたちのようであった。ヒュッテ改修竣工式の準備のためのようでした。

 計画を出したのが1週間ぐらい前だったので岩トレできていない状態であったにもかかわらず1,2年生はよく滝を登った。


トップページ