チベット・ニェンチンタンラ山脈学術登山計画について

ご挨拶

 神戸大学は国際都市神戸にある国立大学として、アジア、中南米、オセアニアを中心とする経済研究、 東南アジア一帯の医学調査研究、中国、ロシアなどにまたがる地質学研究など、これまで多くの足跡を世界各地に残してきました。 また、登山と探検の歴史も古く、南米パタゴニア、チリ・ボリビアアンデス、カナダユーコン、カラコルム、チベットなどにおいて 輝かしい成果をあげてきました。特に1986年、神戸大学チベット学術登山隊は、当時未踏峰では世界第2位の高さを誇っていたクーラカンリ峰 (7554m)の初登頂に成功し、同時にチベットと四川省において学術調査を実施し多くの成果を挙げました。
 この成功を機に、神戸大学と中国との登山・学術交流を発展させてきました。1988年には中国地質大学(武漢)体育部と 神戸大学山岳部との合同で、四川省のチェルー山(6168m)の初登頂に成功しました。 さらに2009年11月、神戸大学山岳部・山岳会は、再び中国地質大学(武漢)登山協会と合同で、中国チベット自治区にあるカンリガルポ山群に 学術登山隊を派遣し、ロプチン峰6805mの初登頂に成功しました。
 神戸大学山岳部は2015年に創部百周年を迎えます。これを機に記念登山として三度目となる中国地質大学(武漢)との合同の学術登山隊を派遣する ことで両校合意しました。対象としては、拉薩の北西に位置しチベット第2のナム湖の南東岸にありますニンチェンタンラ(念青唐拉)山脈の未踏峰バダリ峰 (BadaRi;6455m)の初登頂を目指すこととし、すでに2014年11月に現地偵察を実施しました。
 学問や研究では最初にその分野を切り開いていくことに、常に高い評価が与えられます。登山でも同様であり、誰も行ったことがない未踏峰へ 自分たちでルートを開拓し、初登頂することは、それだけ困難が伴いますが最も価値ある登山です。神戸大学山岳部・山岳会はこの考えのもとに 常に未知を求めて未踏峰を目指すスタイルを踏襲しており、その活動は今世界の登山界から注目されているところです。加えて登山を通じて日本と 中国の学生が交流することは日中友好に果たす役割も少なくないと考えています。
 2015年秋の学術登山隊派遣に向けて動き出したこの意義深いプロジェクトへの皆様のご援助をお願いいたします。

登山対象決定経緯 (pdf)
2015年1月

神戸大学山岳会

登山計画概要

登山隊の名称

  神戸大学・中国地質大学(武漢)合同登山隊


登山対象と目的

  ニェンチンタンラ西山群の未踏峰登山
  ジャナリツ峰(6214m)
  バダリ峰(6516m)
  登山を通じて日中大学の友好交流


期間

  2015年9月初旬~10月下旬


隊の構成(予定)

  (日本側) 隊長、隊員、医師 計10名程度
  (中国側) 隊長、隊員 計6名程度(内2名はチベット人学生)


予算(日本側費用)

  内訳 装備・食料費      200万円
  渡航費(関西空港~ラサ往復) 200万円
  現地費用(交通・宿泊等)   200万円    
  登山許可料・保険・雑費    400万円
 

BadaRi

Bada Ri V, IV

Zhana_Rizi

Zhana Rizi

詳細計画書 (pdf)



補足資料

2014年偵察隊報告・概要 (pdf)

2014年11月18日行動報告 (pdf)

2014年11月19日行動報告 (pdf)